さつま小鶴復刻版単式
さつまこづるふっこくばん

この商品を印刷する

製造小正醸造(株)

「さつま小鶴 復刻版」は昭和初期から昭和40年代にかけて芋焼酎用原料として、広く使用されていた「農林2号」を基本に使用し、黒麹で醸しました。
昔はろ過も最小限。よって濁った酒質になっています。いわゆる「芋臭い」と言われた時代の焼酎を、現代風に再現し、豊かな芋の香りとおおらかな味わいを表現し、懐かしさの中にも今の時代の芋焼酎ファンに味わって頂きたい逸品です。
原材料名 さつま芋・米麹(国産米)
蒸留方法 常圧蒸留
アルコール度数 25度
容量 900ml
容器
入数 6
価格 1200円 
JANコード 4905991037515
KKコード 7219005
製造・販売担当からのコメント
お湯割りしていただきますと、どっしりとボディーのある芋臭さをより一層お楽しみただけます。ロック・水割りにしていただきますと、さわやかに香る芋の匂いをお楽しみいただけます。色々なジャンルの料理に合いますが、特にお勧めは肉料理。炒め物、揚げ物、焼き物のジューシーな味わいの料理との相性は抜群です。

小正醸造株式会社

人と自然と焼酎文化薫る日置蒸溜蔵。

創業は明治16年。一貫して焼酎製造を通じて、社会の発展につくしてまいりました。日置にある島津家の祭神・八幡神社のお神酒造りから始まりました。蔵は自然環境のすばらしい薩摩半島のほぼ中心、日本三大砂丘のひとつ吹上浜に位置する鹿児島県日置市日吉町にあります。私たちは「人と自然と焼酎文化薫る日置蒸溜蔵」で甘藷をはじめ厳選された良質の原料と、蔵に隣接する熊野神社の「権現さあ」の井戸から湧き出る天然の地下水の恵みにより、焼酎を造らせていただいております。また、本格焼酎業界では日本で最初に樫樽を使用し、1950年から本格的に熟成焼酎の造りに取り組んでまいりました。