石の蔵から単式
いしのくらから

この商品を印刷する

製造本坊酒造(株) 津貫工場

販売本坊酒造(株)

樫樽熟成された芋焼酎原酒のおいしさをそのまま味わっていただくために、霧島山系天然水であらかじめアルコール17度に割り水してあります。ロックまたはそのまま冷やしてお飲みいただけます。
原材料名 さつま芋 米麹
蒸留方法
アルコール度数 17度
容量 300ml
容器
入数 24
価格 420円 
JANコード 4976881251083
KKコード 7203995

本坊酒造株式会社

地域に根ざし地域の資源を活用した焼酎造り

本坊酒造は、本坊松左衛門の「殖産興業による社会奉仕」の精神から、明治5年(1872年)、鹿児島県薩摩半島南端にある津貫の地に誕生しました。激動の時代を経て、今もなお生き続ける志と技。いい焼酎を造るのに、近道はありません。ただただ自然を敬い、素直に造る。それがすべての土台だと私たちは信じます。これからも、ひたすらに、その土地の風土を生かした「うまい」と言われる焼酎を造り続けてまいります。

製造元:本坊酒造株式会社 津貫工場

南国、鹿児島では珍しく毎年積雪のある山間の盆地に石蔵があります。
坊津に貫ける道であるところから、津貫と呼ばれ、古くから焼酎の里として名を馳せていました。戦前には幾重にも石蔵が列になり、鉄道がこの石蔵まで引き込まれていました。工場で使う燃料を北九州から運び込み、製品を県外に運び出すためです。真夏でもひんやりとしたこの石蔵で焼酎は貯蔵されています。