赤猿単式
あかざる

この商品を印刷する

製造小正醸造(株)

紫芋の王様と呼ばれる農林56号を白麹で優しく醸すことで、紫芋特有の香り、甘みを引き出した芋焼酎。
原材料名 さつま芋・米麹(国産米)
蒸留方法 常圧蒸留
アルコール度数 25度
容量 1800ml
容器
入数 6
価格 1724円 
JANコード 4905991038840
KKコード 7201448
製造・販売担当からのコメント
数あるさつまいもの中でも希少な「農林56号」。別名「紫芋の王様」といわれています。甘みを多くし、ふかしただけでも美味しく食べられるように品種改良された芋です。この品種を用い、白麹にて丁寧に醸し、柔らかく蒸留することで、まさに「王様」の名称にふさわしい酒質ができあがりました。更にこの「王様」に対し、一般的な芋焼酎に使用されている「黄金千貫(コガネセンガン)」を同じ白麹で醸した原酒を用い、黄金律でブレンドしました。このブレンドにより、「農林56号」の特長である独特のフルーティさをしっかりと残しながら、「黄金千貫」白麹の甘み・キレのある酒質が完成しました。お互いの良さを認め合って完成した「赤猿」。その味わいをぜひお楽しみ下さい。

小正醸造株式会社

人と自然と焼酎文化薫る日置蒸溜蔵。

創業は明治16年。一貫して焼酎製造を通じて、社会の発展につくしてまいりました。日置にある島津家の祭神・八幡神社のお神酒造りから始まりました。蔵は自然環境のすばらしい薩摩半島のほぼ中心、日本三大砂丘のひとつ吹上浜に位置する鹿児島県日置市日吉町にあります。私たちは「人と自然と焼酎文化薫る日置蒸溜蔵」で甘藷をはじめ厳選された良質の原料と、蔵に隣接する熊野神社の「権現さあ」の井戸から湧き出る天然の地下水の恵みにより、焼酎を造らせていただいております。また、本格焼酎業界では日本で最初に樫樽を使用し、1950年から本格的に熟成焼酎の造りに取り組んでまいりました。